Marchat が真価を発揮するのは、ズバリどんなホームページですか?

カテゴリ:導入について閲覧回数:110回

Marchat は、
「訪問ユーザーの情報ニーズが多岐に渡り、多くの情報ページ・カテゴリを有するWebサイト」
で真価を発揮します。

言い換えれば、
「Webサイトに求められる情報ニーズが多く、その受け皿となる情報ページ・カテゴリ一も多く、一人ひとりに最適化することが難しいWebサイト」

一言で言うと、
膨大な情報の中から、欲しい情報を「探す」サイト。

具体的には、行政、病院、商業施設、膨大な記事を有する媒体のWebサイトに最適です。
 
Marchatは、Googleのチカラを借り、膨大な情報の中から瞬時にユーザーへ応答を返します。
どんなに情報が膨大であっても、一瞬で応答します。

Webサイトを訪問したユーザーに、「情報を探させる」ことが当たり前となっている現代。
もはやそれが文化となっていますが、もうそんな時代ではありません。

AIスピーカーが台頭しているのは「口頭で質問」するだけで「探す」必要がなく、「手軽に早く情報が得られる」価値を提供しているからです。
この価値はWebサイトにも求められ、それが当たり前、文化となる日が、もうすぐそこまで来ているのです。

ユーザーに情報を探す負荷を掛けるのは、もうやめませんか?
MarchatのGoogleサイト内検索+チャットボットのハイブリット応答機能が、ユーザーの多様な情報ニーズを強力にフォローします。

ユーザーに、Marchatの価値を提供するために必要な時間は、たった10分です。

同カテゴリーのよくある質問

ページ先頭へ